おでん

おでん

凍えるほどに辛いここ数日の寒さ。おでん、湯豆腐、鍋料理・・・冬メニューが、頭からから離れません。
そんな我が家の本日の献立はおでん。関西風の出汁の利いた薄味バージョンです。

oden1205

おでんは、ことこと煮込んで・・と言う話を聞いたことがありますが、私はそうは思いません。味を染みこませるには煮込むより、お出しの中で寝かせるほうが得策。温めては火を切り、だしが冷めるまで放置し、又思い立ったように温めては同じ作業を繰り返します。ことこと煮るおでんより、具がしぼんだように痩せずにしっとりだしが染みこみます。

入れる順番
最初から鍋に入れるのは、大根、こんにゃく、ゆで卵、昆布・・

それらに味が染みこんできたら厚揚げにがんもどき。

そして煮くずれやすい芋類。

最後に練り物を入れてさっと含め煮に。
くれぐれも、ちくわやゴボウ天はふやけきるまで煮ないように。それから、巾着は市販のものより美味しいお餅を美味しいお揚げに入れて自家製を用意しましょう。 お味はビックリするほど違います。

Previous post煮麺 Next post野菜の一品