から揚げは、「余熱で火を通す」が正解!

IMG_8377

上田淳子著
2018年6月発行 家の光協会刊 ¥1,300+税
おいしさの秘訣は「火の入れ方」にあった!!
から揚げやトンカツ、肉じゃがやポテトサラダなど、定番人気メニュー30品の「火入れ」のポイントを、イラストでわかりやすく紹介した一冊です。「から揚げの衣がベタッ」、「ギョーザの皮がかたい」、「野菜炒めが水っぽい」……料理が今ひとつおいしくできないのは、味つけよりもむしろ「火の入れ方」が間違っていたということがほとんどです。肉や魚がパサついてしまうのは、加熱のしすぎだったり、衣がはがれたり煮くずれしたりするのは、調理中に必要以上に素材に触りすぎだったり。この本では、「火の入れ方」にとことんこだわった調理法を詳しく紹介しています。いつもの料理が驚くほどおいしくなる、目からウロコのワザが満載。ぜひ試してみてください。
Amazon販売ページ>>

Previous postひとりでできる 子どもキッチン Next post8月29日、コトラボ阿佐ヶ谷にてフレンチ家庭料理教室