すしロール Part2

2011/1/28

すしロール Part2

sushiroll

節分に恵方巻きと言いますが、これが全国区になったのはここ数年のこと。今ではお寿司のみならず、恵方ロールケーキまで店頭に並び冬のイベントとなっているから・・ビックリです。でも、巻き寿司、やっぱりおいしいと思うんです。

ehomaki

もちろんお寿司屋さんが巻いてくれるのもいいけれど、わが家の味って・・あるのではないでしょうか? 
ちなみに、私はたっぷりの茹で三つ葉、たくわんの細切り、サッと炙った焼き穴子を巻くのが大好き・・東京では焼き穴子の入手が難しいので・・なかなか作る機会がなく残念です。

先日若い女性に、飯台や巻き簀の話しをしたところ、お母さんも持ってないかな・・おばあちゃんの家にあったかも・・と言う話し。確かにごもっとも。私たちの世代・・持っていない人も多いですよね。でも、逆に言うなら、昔のように大量に寿司飯を作る機会も少なくなっています。昔はお祭りとか、人が集まる時に作り置きできるからと巻くことが多かったお寿司。

今の食生活では、そんなことは少なくなり、2合ほど寿司飯にすれば、十分すぎるはず。滅多に使わないのにあの大きな寿司桶をキッチンに置いておくこと・・やはり難しいかも。でも、無くてもおいしい寿司飯は作れます。

要するに熱々の炊きたてご飯に寿司酢を合わせ、手早く冷ますこと。
その際、小さなボウル状の器より大きめのサラダボウルやバットなどを使うと便利。
プラスして必需品はうちわ。
手早くあおいで冷ますと、つやつやの寿司飯が出来上がります。
巻くものも、干し椎茸を戻して煮て、かんぴょうを用意してと言うと一苦労。
梅干しや、漬け物、ハムや、おかずの残りなど・・冷蔵庫にあるもので気軽に。

そして巻き方は・・得策があります!!  

海苔を半分に切って、ご飯を広げ、具をのせてのの字の巻く方法です。海苔の幅が短いので巻き簀を使わず手で難なくクルリ。・・ これこそ上田流の上田ロール! 今年の恵方巻きは、お寿司屋さんの商魂に負けないで・・好きな具を用意して、すしロール作ってみてはいかがでしょう?

Previous post温かい明かり Next postちょっとした「おやつ」のはなし