サングリア

サングリア
 
 なぜだか、太陽がギラギラし始めると、ついつい作ってしまうのがスペインのお料理。パエリア、ガスパッチョ、いろいろなタパス・・と食卓に並べばやっぱりほしくなるのが、サングリア。言わずとしれた、スペインのフルーツ風味ワインのことです。「サングリア」とボトルに書かれて売られている物もあるのですが、
現地では、お店やお家でフルーツに、スパイス、砂糖などを赤ワインに漬け込んで楽しむお酒。

①お手頃な赤ワイン1本を適当な器にあけ、
オレンジ2個分(オレンジ1個でリンゴなどを入れても)を
イチョウ切りにして投入(オレンジはあくまでも搾らないでそのまま入れます)。

②好みの量の砂糖と、シナモン、クローブなどのスパイスを入れてラップをかけて冷蔵庫へ。

一日ぐらい寝かすと、フルーツとスパイスの香りがほどよくワインに移り、何とも飲みやすい口当たりに変化します。現地では、仕上げにブランデーをプラスすることが多いのですが、日本人にはちょっとアルコールが強すぎて・・ 辛いかも(若かりし頃、スペインであまりに美味しくてぐいぐい飲んで・・酔っぱらってしまった経験がある物ですから・・・トホホ)。 グーッと飲みたいなと思うならなおさらです。

まず最初の一杯はたっぷり氷を入れたり、炭酸で割ったりした方が無難。でもじっくり味わいたいと言うことであれば、ストレートやブランデー入りを・・・よりスペインらしい味わいが楽しめますよ。

Previous postゴーヤ Next post生姜