サンマPart2

サンマPart2

すっかり秋らしい気候となって参りました。夏が暑かった分、涼しい風、虫の音、澄んだ空気・・と秋がよりいっそう嬉しく感じられます。もちろん毎年の事ながら、食材も同じ。あれだけトマトやピーマン、なすを買い求めていたのに、あっという間にキノコや、栗と言った秋野菜に手が伸びている自分がいるから不思議です。  

そんな秋ですが、暑さが落ち着いたから身体は、元気を取り戻した! と思いがち。でも、実はこの時期知らず知らずのうちに夏のお疲れが出る季節・・・野菜ももちろんですが、お肉、お魚と言ったタンパク質もしっかりとって体調を整えてくださいね。 そして今年も、サンマ、おいしくなってきましたね。

我が家では、やっぱり塩焼き!  そして、最近は流通がよくなり鮮度の良い状態で手にはいるので、お刺身やお酢でしめた物もよく食卓に上ります。

それ以外にもパエリアにしたり、塩をしばらくしてから、さっと茹でポン酢でいただいたりと、この時期サンマ三昧になるのですが、・・・

中でも今年のヒットは、ケッパー、ピクルスをきかせたマスタードドレッシングでマリネにしたものと、プロバンスハーブをまぶして焼いたものの2品です。

これだけ、日本の秋の食卓を彩るサンマですが、残念ながらヨーロッパでは見かけたことがありません。(フランスで生活していた頃・・どうしても、食べたくて、どうしても食べられなかったものの一つがサンマの塩焼きでした・・・)調べてみると・・・分布も北太平洋が主で、北日本、ロシア、 北アメリカ沿岸だとか・・・。

よく考えてみると、そんな中でも日々、魚を食べる習慣のある日本人が一番サンマのおいしさを知っているのでは? もしかして、他の国の人たちは・・このおいしさを知らずに・・いるのでは? と思ってしまいます。 ともあれ、サンマに、大根おろし、スダチ・・と言ったおいしさをありがたいと思いつつも、秋の味覚をいろんな形でまだまだこの季節サンマを堪能するべきではないかな・・・と思っております。

Previous postお母さんのご飯 Next post読書の秋