スープ

2009 2/1

スープ

寒い日が続きますね。ひどい風邪にならないまでも、体調が優れなかったり、身体が冷え切って動くのが億劫になったり、のどがイガイガしたり・・と風邪気味の方も多いはず。そんな寒い1月、2月を乗り越えるための我が家の対策は、ずばり熱々のスープです。

 きょうも大鍋いっぱいの野菜スープを作ったところ。これは朝のスープになったり、お昼のスープパスタになったり、卵を入れて洋風茶碗蒸しに変身させたり・・・。夜食にはご飯を少し入れておじや風にすると身体も温まります。毎回いちから作るのは大変だけれど、ベースがあると変身させやすい。味付けに飽きたら、牛乳を入れたり、スパイスをきかせたり・・最後はカレールーを少し入れてカレーライスで・・食べきる事もたびたび。もちろん洋風ばかりではありません。

・シンプルに鶏の手羽先を煮たスープを用意しておけば、ごま油と葱、生姜、わかめをぱらりと加えて中華スープ。

・もちろんラーメンベースにしても。

・ゆであげた手羽先を薬味をきかせたピリ辛醤油で食べるのも又美味しいです。

・和風は繰り回しを考えずに、どーーんとたっぷり豚汁とか、けんちん汁を!

煮返して、味が濃くなるようなら、刻んだ葱をたっぷりプラスすると又新鮮な味わいになりますし、時には豆乳(牛乳でも)で薄めるとマイルド! 部屋が暖かくても身体が芯から冷えていてはなかなか、末端まで温まらない・・・・そんなときは、お腹から温めるのがやっぱり一番です。野菜もたっぷり食べられる一石二鳥の熱々スープ。

この冬は常備してみてはいかがでしょう!

ーーー

スープ

寒い日の朝ご飯にはやっぱりスープ。難しいこと抜きで。

①家にある野菜を前日の夜にスライスする。

②さっとバターで炒めて水を入れ10分ほど煮ておきます。

soup1

③翌朝、あたため、塩、胡椒、好みで顆粒ブイヨンで味をつける。

④時には卵を落として、月見風。ミルクを加えて優しい味わいに仕上げても。

soup2

そんなスープがあれば、布団からでるのもちょっと楽になるかもしれません。

Previous post食卓の色合い Next post七草がゆ