バジルペースト

バジルペースト

 毎年この季節、プランターでバジルを育てています。数株ですが、次々と葉っぱが大きくなり、トマトのサラダやジェノバ風のパスタに重宝します。それでも使い切れなくて、立派な葉っぱがたまってきたら、勿論バジルペーストに。

本来のバジルペースト(ジェノバペースト)は、バジル、松の実、ニンニクを乳鉢ですりつぶし、パルミジアーノ、塩を加えてオリーブ油でのばすのが一般 的な作り方(イタリアの本場ジェノバのレストランで作りところを見せていただいたことがあります。一抱えもあるほどの大理石の乳鉢で惜しげもなく材料を使い・・ それはそれは薫りたかく、幸せな体験でした)なのですが、 我が家で作る物はもっとシンプル。

①バジル(市販の物2~3パック分くらい)とニンニク(一かけ)、塩(適量)をオリーブ油(半カップ強)と共にミックスジュースのようにバーミックスで撹拌。

②トロリとしたグリーンの液体になったら出来上がり。保存は、ジプロックにいれて平たくし、フリーザーへ。必要なときは、凍ったまま折って使います。

パルミジアーノや砕いた松の実は料理によってあとでプラス。 この方が香りも良いようです。使い方は、パスタは言わずもがな・・、 でもお勧めは茹でたシーフードとの取り合わせ。熱々にそのまま絡めても、 冷やした物にマヨネーズに混ぜて添えても。

夏の美味しい一品になること間違いなし。

Previous post生姜 Next post塩味スコーン