バーベキュー

バーベキュー

屋外でのバーベキューが楽しい季節になってきました。何を隠そう我が家も大のアウ トドア好き、このシーズンになるとバーベキューコンロのチェックや炭の買い足しに 余念がありません。 そこで今日はバーベキューの材料の話を。

まずは、野菜のトップ バッターは、是非ともお試しいただきたい空豆!炭火って、いったん火がつくと、 かなりの火力となり、肉や魚は焦げやすく、良い火になるまでじっと待たなければい けないのが結構やっかい。 でも、ご安心を!こんな時こそまずは空豆。 網を炭火に のせ、空豆を並べて、真っ黒になるまで焼き上げます。さやに守られ蒸し焼きになっ た実のおいしさといったら・・・・ それはもう甘くてホクホク。

その他の野菜はやっ ぱりホイル焼きがベストなのではと思います。 ホイルを大きめに切り、2枚重ねにし て、好みの野菜を(ざくざく切ったタマネギやピーマン、アスパラガスもこの時期美 味)のせ、バターやオリーブ油などの好みのオイル、白ワインや水で多少の水分を与 え、ホイルをしっかり閉じて網の上に。一緒に入れた水分がホイルの中で蒸気とな り、野菜を焦がすことなく、しっとりとした蒸し焼きに・・・。ぱらりと塩、胡椒で いただくといくらでも食べられてしまいます。

そして、もちろんメインのお話を。やっぱり焼き肉用カルビにタン塩・・・と思ってしまいそうなのですが、何せこれは 肉が薄いのですぐ焼きすぎになるから大変。ちょっと目を離した隙に真っ黒焦げに なってしまうことも。ということで、我が家のブームは豚肉。それも固まり肩ロー ス。そして一番大切なことは、購入日はバーベキューの2日前ということ。

①買ってき た肉に塩(できれば、天然塩。肉1キロに対して大さじ1用意)をすり込みます。

②この肉をビニールに入れて冷蔵庫で2日間じっくり寝かします(好みでハーブ、ニンニ ク、オリーブ油をプラスしても)。この間に塩が溶けて、豚肉にまんべんなく染みこ み、また塩のおかげで肉も軟らかになるから不思議。 食べやすい厚さに切って焼いてももちろん美味しいですし、角切りにして野菜と一緒にブロシェットにしても豪快で いい感じ(間にはさむ野菜は肉の焼き上がりと焼き時間が似たものがベスト)。

でも 一番美味しいなあと思うのは、丸焼き!?なんです。

①それはというと、火が落ち着い たコンロに肉をドンとおいてじっくり表面を焼き上げます。

②表面が美味しそうにこん がり焼けたら、肉の焼けた部分の表面をを包丁で削り切り、いただきます。そうシュ ラスコのように! 

③そしてまた出てきた面 をこんがり焼いて・・・の繰り返し。
肉が 固くなりすぎず何よりジューシー。
万が一にも少し赤かったらその切り身をさっと焼 いてしまえばいいのだから、焼くのも気軽。もちろん牛肉のたたき用の固まりの表面 を焼き、レアやミディアムででいただくのも美味しいです。

 機会があれば是非とも お試しを!

Previous post夏前仕事 Next post夏こそスープ