ブリ大根

ブリ大根

美味しそうな、ブリのカマを魚屋で見つけました。そうだ今日は、ブリ大根! 。

いそいそと大根を買い込んで家に帰りました。さーて、とそろそろ夕飯の準備にかかろうと、
ブリカマに塩をし、湯通し用のお湯を沸かし、大根を切って、下ゆでをし・・・。そう、なめちゃいけないブリ大根。ブリの臭み抜きを丁寧にしないと、折角のお料理が全部生臭いブリ味に。反対に、きっちり下ごしらえをすれば、ブリの旨みが全体に広がり、得も言われぬごちそうになるから不思議。

大根の下ゆでも出来、ブリを霜降りにし、表面を水洗い。用意OK、さあ煮始めようと、調味料を用意して・・・困った!! お酒を切らしていたんだ。

外は寒いし、今日はお酒なしで味付けしてしまおうと考え、鍋に材料を入れ始めたけれど・・・やっぱり頭に浮かぶのは、香りよく美味しく煮えたブリ大根と生臭みの残るブリ大根。そして寒い中、お酒を買いに行く我が身とストーブの前でぬくぬ く温まる自分の姿・・・。激しい葛藤の中・・・ 結局お酒を買いに行きました。勿論たっぷり使って、煮上げたブリ大根の美味しかったことと言ったら・・・。手間を惜しまないことが美味しさにつながると実感した夕食でした。

 ブリの臭みを除くには・・

①塩をし10分ほどおく

②サッと熱湯を通して表面を洗う

③ショウガ&梅干し

④たっぷりのお酒 ”さしすせそ”の順でのお味付け

熱いうちに・・ハフハフ言いながら・・・・ が 美味しいのはもちろんですが、くれぐれもやけどにご注意!
作るのは大変だけれど・・出来上がりの幸せ度は、ウーン!  かなり高い一品です。

Previous postピクルス Next postゆず胡椒