和え物

和え物

 年末、お正月とごちそうを食べる機会が目白押しだったここ一ヶ月と 言う方も多いのではないでしょうか?お肉もお魚も食傷気味。野菜で胃袋を癒したい・・・・などど思うのは、私くらい? と言っても冬のお野菜料理というと、ついつい簡単な鍋物に走りがちなのも事実。 そんなこの時期、では、何を作る? か・・というと我が家では、 結構、和え物が登場します。煮物では味わえないシャキッとした食感が食べたいし、かと言ってサラダはまだ寒々しい。そんなこの時期、和え物って結構便利なんです。  

基本は、茹でた野菜を好みの調味料に和えるだけ。

ちょっとしっかりした一品に仕上げたければ、肉、魚介類等のタンパク質をプラスすればいいし、サッパリしたければあえ衣に少し酸味をきかせればいい。
味のベースも色々。醤油ベース、塩ベース、すりごまベース、味噌ベース、豆腐ベース(白和え風のもの)など。これら以外にもちょっと趣向を変えて、ナンプラー、ごま油、豆板醤、オイスターソース、芥子にゆず胡椒とプラスすればまた一風変わった味わいの一品が出来上がります。  

そんな中でも最近の我が家のヒットは緑の野菜をさっと茹でてサッパリした味付けの豆腐衣で和えた白和え。

白和え

白和え

ニンジンやこんにゃくを煮て作る白和えも勿論美味しいのですが、甘みたっぷりの冬のほうれん草やブロッコリーをシャキッと茹でてなめらか豆腐で和えると、結構美味しい。サラダ感覚でたっぷりいただけるのもうれしいです。

もう一品は、白菜と切り干し大根の中華甘酢漬け。ラーパーツァイと呼ばれる和え物をまねして、ごま油をきかせた甘酢にさっと戻した切り干し大根と塩もみした白菜を混ぜ合わせます。勿論ぴりっと唐辛子をきかせて。

白菜と切り干し大根の中華甘酢漬け

白菜と切り干し大根の中華甘酢漬け

作りすぎても冷蔵庫で2,3日持つし、ちょっと一品足りないときには、ツナとかと混ぜて箸休めにしても・・・。 考えてみれば冬野菜って、和風、中華風、洋風にも仕上げられるし、じっくり煮ても、シャキッと仕上げても、といろんな食感も楽しめる。スープ、煮物、炒め物にも使いやすい。

そんな白菜、大根、ほうれん草、ブロッコリーはやっぱりかなり偉い! かも。お値段も安定している今シーズン。春先まで家族そろって、しっかり野菜の味を楽しみたいですね。

Previous postゆず胡椒