好き嫌い

好き嫌い

 先日、2歳のお子さんがいるママからこんな質問を受けました。
「子供が生野菜を嫌うんです。どうしたらいいでしょう? 
いつぐらいまでに食べられるようになればいいでしょう? 」 

今まで好き嫌いなしに、しっかり食べていたお子さんが急に食べなくなると・・ママはビックリだし、どうしていいかわからなくて困ってしまうんですよね。

でも、ご心配なく。

好き嫌いを言うようになったのは、食べ物の味がわかっている証拠。好きな味にこだわる証拠です。 長い目で見ましょう。いつか又、大好きになって食べ始める可能性が絶対にあるのだから! 。小さいお子さん特に2歳ぐらいは、自我の目覚めからいろんなやっかいごとを始めます。

食べ物もその一つ。

ちょっとした食感が気に入らなくて、それ以来食べなくなったり、無理矢理食べさされた記憶からその食べ物が嫌いになったり・・大人してみれば大したことではないのだけれど・・・ 子供にとっては一大事。一筋縄ではいきません。

では、どうしたら? と悩みは尽きないのですが・・・そんなママ達に覚えていてほしいことが一つ。

その子が、嫌いな食材を何かのきっかけで美味しいとおもう日が いつか来るかも知れないこと。だから、「うちの子は○○は、嫌いだから・・」と決めつけないで・・長ーい目で気楽にかまえましょ!

Previous post具だくさん味噌汁 Next post朝ご飯の定番