山菜の天ぷら  

山菜の天ぷら  

これこそ春の醍醐味・・このおいしさがわかる日本人で良かったと、つくづく思うお料理の一つではないでしょうか? 最近では、都会の八百屋さんでもそこそこの種類を買い求めることが出来、早春の味を家庭でも楽しめるようになってきました。

こごみはごま和え、ワラビはおひたし。
天ぷらに向くのはやっぱり「タラの芽」と「ふきのとう」・・

でも最近よく見るのが「こしあぶら」。タラの芽よりも香りがあって、歯触りも軽やか・・天つゆよりさっとお塩でいただくのが私の好みです。合わせる物は、美味しいお酒・・でも、天ざるも捨てがたく・・といった我が家では・・・・山菜が手に入った日は、それを美味しく食べるためにお酒を冷やし、カウンター割烹!? に大変身。 揚げたてをつまみながら一杯・・。

勿論、そば出しの用意は万全。コンロには、そばを茹で上げるためのたっぷりのお湯・・・・
なんせ、食べることには全力を尽くすことが生き甲斐の一つなものですから・・・・トホホ。

Previous postチキンカツサンド Next postミモザ