日本の乾物

2011/5/13

日本の乾物   

今、使いこなし始めると俄然おもしろいなと思っている食材が・・・あります。
それは日本の乾物。
ドライトマトや乾燥ポルチーニは、得意分野ですが・・そういえば真剣に向き合う事の少なかった乾物。あまりにも子供の頃から身近にあたりまえにあったからなのかもしれませんね。

少し食の流通がパニック状態だった3月を忘れないようにするためにも、またそんな時になっても慌てないようにこちらも先人の知恵を拝借。切り干しなどの野菜、ひじきなどの海草、そして高野豆腐やお麩といったタンパク源・・もちろん、おだしのベースである鰹も、昆布も煮干しも乾物。そして忘れてはいけない米も乾物。

実は、これらをベースに季節の食材を少しプラスすれば、立派な食卓が出来上がります。そんな乾物ですが、子供の頃あまり好きではなかった・・と言う記憶の方も多いはず。プラスして、料理の時短が流行の昨今、戻す時間を考えたら、ついつい後回しになってしまうことも。

でも、その億劫と思っている、「戻す」という作業も基本は、水に漬けておけば良いだけの話し。食材のお買い物に出かける時間と比較すれば何でもないこと。それよりも、乾物だからこそ得られる本当の味わいを楽しんでみてはいかがでしょう。もちろん、昔ながらの食べ方にプラスα。上田流のエッセンスを加えて、子供も、男性もおいしい! と言わせる乾物料理、せっせと毎日制作中です。

Previous post私のレシピ Next post名もなき料理・・