最近の我が家の味付け

最近の我が家の味付け

4月より子供達にお弁当が必要な生活となり、はたまた食欲もどんどん旺盛になりと我が家の台所事情もずいぶんと変わってきました。食欲を満たすべく、穀物、タンパク源はもちろんのこと野菜など身体をしっかり作る食材も必須です。そして何より、お昼までしっかりお腹の持つ朝ご飯に、たっぷりお 弁当。腹ぺこさん対応の夕飯というと・・それなりに材料を買い置きし、食卓にメリハリのあるようにと・・変化をつけながら手早く調理が求められる毎日です。 そんな中で、最近、思うのが・・ここ数年で、味付けが変わってきたなあと言うこ と。

子供が小さい頃は、薄味・・刺激物なし。香辛料控えめだった我が家の食卓。で も最近は、しっかり味で、ご飯に合う物。醤油ばかりでなく、塩、ケチャップ、オイ スターソース、はもちろんのこと豆板醤、コチュジャン、ごま油、からし、胡椒など味のバラエティーも要求されるようになりました。

薄味が一番と思っている私ではありますが、大人はともかく・・
ご飯が大好きな食べ 盛り君達には、やっぱりしっかり味は、何かと便利です。
子供にとっては地味な味で、箸がすすみにくい乾物も・最近ではお肉をプラスして しっかり味付け・・・こうすることにより、実はかなりの勢いで箸が進む料理になる 事が判明。

いい例が、切り昆布やひじき・・

薄味京都おばんざい風ではなく、鶏や 豚肉入りのこってり味付けに。煮豆も野菜五目豆でなく、手羽先と一緒に旨煮 に・・・・そうするといつも手つかずで・・結局母が毎日食べ続けなければいけな かった乾物料理が、旨い旨いとご飯がすすむ人気者に! 

そして何より、お弁当のお かずに最適な一品にと、こちらはホクホクです。もちろん私たち世代は濃い味付けに 多少は気を遣わなければいけないのですが、ここは上手に減塩世代と食べ盛り世代の 共存を図るべく・・・献立に工夫を凝らす事を企んでいる毎日です。

Previous post今の食生活について思うこと Next post腐敗に関する豆知識