私のレシピ

2012.3.1

私のレシピ

前回のあさイチのあと、知人から、とあるスーパーの「小松菜の売り切れ」写真と「バルサミーコ酢」の在庫切れの写真を送っていただきました。 

本当に、身の引き締まる思いです。いつもレシピを世に送り出すときに思うんです。皆さん、ご自身で作られて思うような味にできたかな? おいしいと思ってくださるかな? 

家族や一緒に召し上がった方は、いつもと違った料理が食卓に上ってどんな感想なのかな? って。

実際、母から放送の後電話があり・・「お父さん、歯が弱くなってるから、あれじゃあ固いわよ。 

そんな人多いと思うのよね。どうしたらいいかちゃんといっておいた方が良かったんじゃない?」と言われてしまいました。娘がこの年になっても・・・いつもながら上から目線の母(笑)からのコメントなので、そんなにへこたれはしないのですが、実際そういう方もいらしたかも。

そんなあたりもすんなりカバーができるトークできると良いなとも・・ 今後の課題です。

私がお伝えした物が、私の手を離れ、どこかのお宅で、そのお家の味になる・・
もしかしたら、いつかそこのお子さん達が、大人になったとき、わが家の味としてまたその子供達に食べさせる・・。

私にとって、何より嬉しい・・ことです。

どんなに立派な外食産業があっても、家々で根付いたご飯が、人間の基だと。
派手でなくても、かっこよくなくても、ああおいしい! これ大好き! って言葉が聞こえる、言える食卓が少しでも多く有って欲しいと思います。

そして今日もおいしかったね。と一日の疲れをリセットできる食卓・・そんな場所に寄り添えるご飯!が私の理想。まだまだ、勉強不足ですが、私なりに考え、ただの作り方ではない、役に立つレシピを多く発信できるようこれからも、努力せねばと。

今後とも、皆様、どうぞよろしくお願いいたします。

Previous post春の美味しさには油 Next post日本の乾物