続・3歳からのおべんとう ひとりでちゃんと食べられる!

上田淳子著
2019年4月21日発売 文化出版局刊 ¥1,500+税
3歳の子どもにとって幼稚園のおべんとうは、親の補助なしで、はじめて一人で食べるごはんです。見た目のかわいらしさより、最後まで残さずきれいに食べて「ごちそうさま」が言えるおべんとうは子どもにとって最高のごちそうです。この経験の積み重ねが、子どもの自信や自己肯定感をつけてくれるのです。本書では、2003年に出版された「3歳からのおべんとう」に続いて、無理なく、息切れせずにつくれることを基本にしますが、15年前に比べ、より簡単な調理が求められていることをふまえ、今の時代に合わせたアイデアとコツを紹介します。

Amazon販売ページ>>

Previous post最新情報、4月15日号 Next post青い本と赤い本。2冊の『3歳からのおべんとう』