腐敗に関する豆知識

腐敗に関する豆知識

だんだん蒸し暑くなる季節・・・・、食品や手の衛生面が気になるシーズンとなってきました。毎年、この時期になると急に気温が上がり、春先まではあまり気にしな かった食品の腐敗が・・急に現実的になっています。炊いておいたご飯や、鍋に作り 置きしたカレー、そうそう、お弁当もその代表かも・・。かといって、何時間おいた らダメで、何時間なら大丈夫? と言う物差しって意外とないものですよね。要する に作り手の長年の経験と鼻! 舌! が必要となってくるのですが・・・。それも又 難しい。

と言うことで、ちょっとした腐敗に関する豆知識を今回はご紹介。

基本的に 100度以上でしっかり加熱した物は、その時点では雑菌はほぼ死滅しており材料自 身が腐敗していない限りその料理は美味しくいただけます。実際に問題として大切な のはその後の管理の仕方。
雑菌がなくなったお料理とは言え、お玉を入れたり、まな 板の上で切ったり、お皿に盛ったり、もちろん空気に触れていることでも・・それな りの雑菌が付くことになります。(決してこれは怖いことではありませんので・・)問題は、この雑菌が繁殖すれば腐敗につながると言うこと。繁殖させずに保存が可能 であればそれは問題ないこと。

ではどうしたら・・・・。

一番の方法は、すぐに冷ますことです。
(扇風機に当てるのが一番早いと思います。液体の物ならボウル等に移 して、氷水に当てて冷やします)その冷ます温度も、冷たいと感じるように。人肌程度は絶対NGです。

と言うのも、雑菌達はこの人肌程度が一番好き。
この状態でキープ されるとそこは菌の培養条件がぴったり(湿度、栄養、温度)の場所となり・・後は 言わずもがな・・(真夏に夜作ったカレーを出しっぱなしにしていたら腐っていた経 験はありませんか?  濃度のあるカレーが暑い真夏の気温でおかれるとしっかり冷 めず、かといってインドのカレーほどスパイスや塩が強いわけではないので・・腐敗 してしまうのです)。

作った料理、その場ですぐに食べないのなら、いったんしっか り冷まして冷蔵庫で保存するのがベストです。そして出来れば食べる際にしっかりレ ンジ等で温めると安心ですよね。日頃の料理はこれでいいとしても冷蔵庫に入れられ ないお弁当は? どうしましょう? 

理論は同じです。
作りたてをしっかり冷まし、 低くした温度を上げないようにすればいいこと。

我が家では、毎朝、作りたておかず や炊きたてご飯が熱々の状態で、扇風機の前にどんどん並べられていきます。 しっか り冷ましてお弁当箱へ・・暑い日はお弁当箱の上に保冷剤をドンとのせて・・。もちろんおかずは、味の濃いめの物はお酢をきかせた物、梅干しや佃煮も必須アイテム。腐りにくい物を腐りにくい状態で持たせるのが・・一番の秘訣かもしれませんね。

Previous post最近の我が家の味付け Next postしっかり朝ご飯