食卓の色合い

2009 2/15

食卓の色合い

ここまで春が近づいてくると、お洋服や靴などで春らしいものを揃えたいと思いますよね。やっぱりウキウキ来る季節を楽しむためには必須アイテムといったところ・・・。 でも身につけるもの以外でも、たとえお部屋や食卓にも春色のさし色をするだけでぐっと気分は軽やかになります。

そんな春色のキーカラーは、「菜の花の黄色」 「桜のピンク色」 「スナップえんどうや葉野菜の茎の明るい緑色」の3色。使い場所はいろいろ。小さな一輪ざしや、窓辺にあ しらうちょっとした布類など、お好みの明るい色にしたり、もちろんエプロンを春色 にするのは気分的にもかなり○!。

そしてもちろんお料理もおなじです。

別にお皿を 買い換えなくても、料理を春色にすればすむこと。例えば、黄色がきれいなオムレツ、ハムとグリーンピースのパスタ・・・野菜を使うなら、菜の花のおひたし、キャ ベツのサラダ、スナップえんどうのバターソテー、などなど・・・

作り方はシンプル だけれど、その色合いは、美しく、単なるお皿が、まるで新しい命を吹き込まれた一 皿になるかのように、美しくなるのが春野菜のいいところ。気分も晴れやかになること間違いなしです。
 
是非是非、春のウキウキ気分をお料理や食材からも楽しんでみてはいかがでしょ う?

Previous postみりんの力 Next postスープ