11月の「いただきます」そして「ごちそうさま」

11月のスタート。過ごしやすい秋晴れの日がうれしい今日この頃です。今回は、10月19日に発売された『並べて 包んで 焼くだけ レシピ』についてご紹介します。

今の時代、お料理のレシピはネット検索すれば出てきますし、レシピサイトもたくさんあります。それはそれでいいのですが、たとえば、お料理の本を手に入れないと楽しめないことってあるでしょうか? それを考え抜いて、ひとつの答えを見つけた編集者の方から、内容の制作を依頼され、でき上がったのがこの一冊です。

今回ご紹介する「パピヨット」(紙包み焼き)は、フランスなどヨーロッパでポピュラーな調理法。日本にもアルミホイルに包んで魚などを焼く「ホイル焼き」がありますね。今はそれほど人気がありませんが、実はこれってかなり賢い方法です。オーブンペーパーを使うパピヨットも同じで、素材を紙で包んで焼くだけで、旨みが凝縮されたおいしい料理に仕上がってくれます。大切なのは組み合わせと分量なので、そこはきっちりと考え、わかりやすいように写真もすべて実寸大で掲載しています。読者の皆さんは実際にこの本の上にオーブンペーパーを広げて、その上に書いてある通りの素材と調味料をのせるだけ。しっかり包んでオーブンで焼いて、お皿に盛り付ければ完成! まったく同じものが作れます。レシピ欄には「オーブン」「210℃」「10分」などの表記があり、これが作り方のすべてです。


肉も魚も野菜もおいしく調理できるパピヨット。たとえば鶏もも肉ならオレンジはちみつ風味、チーズタッカルビ、タンドリーチキンと豊富なメニューを揃え、エスニック麺とデザートも1品ずつ紹介しています。簡単で手間なし、必ず失敗なく作れて、こんなにラクで楽しい料理はありません。料理なんてしたことがないという方々にも、また子どもたちにも遊び感覚で作ってもらえるし、若い世代や忙しい人の味方にもなります。どんな人にも作れて、紙包みを開ければごちそう! そんな一冊をお届けすることができて、とてもうれしい秋になりました。

Previous post子どもはレシピ10個で育つ。 Next post最新情報、11月15日号