著書

料理数を減らして食事作りを軽減という考えももちろんですが、栄養バランスが良く、かつ楽に献立が立てられる方法がないかと、子育真っ盛りのころ悩みあぐねておりました。 そんな時期に、あえてちゃんと皿数を作りたいという思いをベースに、調理方法、材料などを整理して整えたところ、ルール付けた一汁三菜が一番なのではという答えが出ました。 調理をスリム化でき、な ... 続きを読む
3つの調理法で野菜を食べる の第2弾。 コトコト長く煮込む だけが煮込みではなく、フランスには、軽い煮込みという調理方法があることお伝えしたく一冊にまとめました。 肉、魚、野菜を 様々な組み合わせで軽く煮込む。煮始めから出来上がりまで15分ほど。 ワイン片手に出来上がりを待つのが楽しいそんなレシピが満載です。 ... 続きを読む
遠くで暮らす家族、友人のために。 どうしたら、家庭の味を届けられるか、そんな思いから生まれた一冊です。 父へのお届けの実践をもとにレシピを多数編み出しました。 離れていても食卓を共にできる。そんな幸せをお届けできればうれしいです。 ... 続きを読む
フレンチベースの小さなおもてなし12か月 自由国民社 4月28日発売予定 誰かと一緒に食卓を楽しみたい! と思うときに役立つ フレンチベースのお料理を 上田流のコツとともにたっぷりご紹介! ページをめくるごとに飛び込んでくる季節のお料理を、是非お楽しみください。 ... 続きを読む
「晩ご飯症候群(シンドローム)」5月中旬発売予定 子育て中の忙しい人たちが、晩ご飯のことを考えるだけで、つらくなるのはなぜ? を その当事者のフクチマミさんが徹底分析してコミックに。 うまく出来上がらない?? を、わたくし上田が、ちょっとしたコツや意外に知られていない技、テクニックをご紹介し、解決いたします。 ... 続きを読む
るすめし レシピ
家族ごはんを毎日作り続けてきた、 プロならではのコツ、作り方、仕込み、調理時間を、 きっちりわかりやすく、ここに思い切ってご家庭向けに大公開。 ... 続きを読む
フランス人は、3っつの調理法で野菜を食べる。
肉のイメージの強いフランス料理ですが、フランスの家庭料理では、じつに驚くほど野菜をたくさん食べます。 シンプルかつ的確な調理法で、簡単なのに気が利いていてとてもおいしい、というフランス人らしいレシピばかり。 また、たっぷりの野菜に、肉や魚などのちょっとのたんぱく質を合わせた一皿で完結!というのも、最近のフランス家庭のトレンドです。野菜料理は、ちょっと ... 続きを読む
うちの食べてくれない困ったちゃんが 楽しく食べる子に変わる本
上田淳子著 2016 年3月発行 日本文芸社刊 ¥1,300+税 好き嫌いが多い」「“ばっかり食べ"がひどい」「食べ物やお皿で遊びだす」など、子どものごはんに関する悩みを解決! 「自分から食べる子」を育てるお母さんの習慣などを紹介します。 すぐに実践できるアドバイスや子どもも大人もおいしく食べられる料理のコツも満載。 「せっかくつくった ... 続きを読む
はじめてのシャルキュトリー 身近な材料と道具で家庭で作れるレシピ
上田淳子著 2015年10月発行 河出書房新社刊 ¥1,850+税 ソーセージ、ハム、パテ、テリーヌ、ベーコン、リエット……etc. 愛してやまないシャルキュトリーを家で作れるように、試行錯誤を重ねてやっと完成しました。身近なシンプル素材でていねいに作る、本格的な無添加のシャルキュトリー。フランスでのシャルキュトリー修業のお話も交えてご紹介しています。 ... 続きを読む