2つのインスタグラム

Category: what's new?

「上田淳子のしごと、3つの柱」のうちの1つ、
フレンチベースの家庭料理を中心にご紹介している
「Delicious Dining Club」のインスタグラムを始めました。
これから少しずつ、撮りためた季節ごとのお料理の写真を
アップしていきたいと思っています。

同時に、Delicious Dining Clubのウェブサイト
シンプルなデザインにリニューアルしました。あわせてご覧ください。

よろしかったらインスタグラムのフォロー、よろしくお願いいたします!
上田淳子インスタグラム
Delicious Dining Clubインスタグラム

TV出演情報:8月11日夜、Eテレ「ウワサの保護者会」特集「わが家の食事、これでいいの!?」

Category: what's new?,TV

再放送ですが、出演番組のご案内です。

8月11日(土)ウワサの保護者会「わが家の食事、これでいいの!?」
Eテレ 21:30〜21:55

手間をかけずに野菜ぎらいを克服するための「野菜真っ向勝負メニュー」を紹介しました。
お時間がありましたら、ぜひご覧ください。

8月29日、コトラボ阿佐ヶ谷にてフレンチ家庭料理教室

Category: what's new?,Event

オレンジページの料理教室「コトラボ」にて、フレンチ家庭料理のレッスンを開催します。
テーマは「夏から秋の旬の果物を使うフランスの家庭料理」。
9月から大活躍する、おいしい3品のレシピをお教えします!

日時:8月29日(水)19時〜21時
場所:コトラボ阿佐ヶ谷(JR阿佐ヶ谷駅徒歩1分「ビーンズ阿佐ヶ谷」内)

詳細とお申し込みはこちらをご覧ください。お申し込みの締め切りは4日前までです。
お目にかかれることを楽しみにしています!

9月3日、最新刊発売予定!『フランス人がこよなく愛する3種の粉もの。』

IMG_8382『フランス人は、3つの調理法で野菜を食べる。』『フランス人が好きな3種の軽い煮込み。』に続く人気シリーズの第3弾は「粉もの=キッシュ、タルト、ケークサレ」の3種の生地がテーマ。フランス家庭では、忙しくても、日々の料理の延長でパイやタルトを作ります。冷凍パイシートを使わず、もっと手軽に、手作りのキッシュやタルト、ケークサレを食卓に取り入れられる、いいとこどりの「粉ものレシピ保存版」です。提案するパイ&タルト生地は、フードプロセッサーやパイストーンといった、特別な道具は一切不要! ちょっとした工夫が満載で、驚くほど作りやすいレシピになっています。全てのメニューが「ワインやお酒に合う」ものなのも魅力です。(まだ本ができていないので、代わりにチェックが終了した校了紙の写真を。)
上田淳子著
2018年9月発行 誠文堂新光社刊 ¥1,500+税
Amazonで予約が始まっています!>>

から揚げは、「余熱で火を通す」が正解!

IMG_8377

上田淳子著
2018年6月発行 家の光協会刊 ¥1,300+税
おいしさの秘訣は「火の入れ方」にあった!!
から揚げやトンカツ、肉じゃがやポテトサラダなど、定番人気メニュー30品の「火入れ」のポイントを、イラストでわかりやすく紹介した一冊です。「から揚げの衣がベタッ」、「ギョーザの皮がかたい」、「野菜炒めが水っぽい」……料理が今ひとつおいしくできないのは、味つけよりもむしろ「火の入れ方」が間違っていたということがほとんどです。肉や魚がパサついてしまうのは、加熱のしすぎだったり、衣がはがれたり煮くずれしたりするのは、調理中に必要以上に素材に触りすぎだったり。この本では、「火の入れ方」にとことんこだわった調理法を詳しく紹介しています。いつもの料理が驚くほどおいしくなる、目からウロコのワザが満載。ぜひ試してみてください。
Amazon販売ページ>>

ひとりでできる 子どもキッチン

IMG_8375

上田淳子著
2018年6月発行 講談社刊 ¥1,400+税
共働き家庭で、夜までひとりで留守番している子どもが増えています。冷蔵庫にあるもので食べたいものをパパッと作れる知識やテクニックは、子どもに限らず、楽しく健康的に生きるための必須条件となっています。コンビニで市販のサンドイッチやおにぎりを買うよりも、卵やハムや冷凍うどんを使えば、お金もかからず、栄養豊富な温かいおかずをお腹いっぱい食べられます。小学生だって料理を作れれば、疲れて帰ってきたママを喜ばせることもできます。子どもに「食事を作るのって楽しいな、誰かに食べさせたい」と思わせる、毎日使いたくなる料理入門書です。
食材の種類や切る作業があるものはできるだけ少なく、ハンバーグもポリ袋に材料を入れてモミモミするだけなど、大人の手を借りなくても、子どもが1人で安全に作れるレシピを徹底検証。対象年齢は9歳以上ですが、包丁も火を使わないレシピはもっと小さい子でもOK。もちろん、料理初心者の大人にも役立ちます。
Amazon販売ページ>>

冷たいフライパンに食材を入れてから火にかけるコールドスタート

IMG_8376

上田淳子著
2018年3月発行 自由国民社刊 ¥1,300+税
よーく熱したフライパンに、油をひいて、食材を投入。これが、いままでのレシピの常識でした。食材を入れたら待ったなし! フライパンから離れずに、鍋振りしてみたり、調味料を入れたり、あせってバタバタ作っても上手にできず、コンロまわりは油まみれに。コーティング加工がしてあれば、あらかじめ熱しておかなくてもフライパンに素材はくっつかない。道具は進化したのに、レシピが変わらないのはどうしてだろう。
熱くしてからあせるより、ゆっくり下準備してからフライパンまかせにしたほうが、ずっといい。コールドスタートは、コーティング加工されたフライパンがあれば、誰でもできる調理法です。フライパンの中に材料を並べてから火にかけるので、肉を入れるときにしっかり広げて並べる、といった余裕もできます。火にかけている間に洗い物をしたり、器の準備をしたり。フライパンまかせにできる時間があると、料理が画期的にラクになります。

Amazon販売ページ>>

ホームページをリニューアルしました

Category: what's new?

ホームページをリニューアルしました。

フェイスブックもスタートです。

是非ご覧下さい。