レシピなしで作る、温かい汁物

先週末の台風19号は大きく深い爪痕を残して去って行きました。
被災された方々へお見舞いを申し上げます。一日も早い復旧がかないますようお祈りいたします。

このところ急に冷え込んできたので、風邪をひく人が増えていると聞きます。災害でストレスを受け、ただでさえ疲れているところに、寒さで体が冷えると体調を崩しやすくなります。これからの季節はぜひ、具だくさんの汁物で温まってほしいな、と思います。

本を見てレシピ通りに作ってももちろんいいのですが、おいしい汁物の「基本」を押さえておけば、レシピを見なくてもアレンジ自在、季節や体調、好みに合った汁物が作れるようになります。

レシピなしということになると、だしは何で取ろう? 具材は? 味付けは? と迷ってしまいがち。そんなときは、この基本を思い出してください。

・汁物は、具材が多ければおのずと味が深くなるので、だしに関してはあまり心配しなくても大丈夫。
・少量の油と水で野菜を蒸し煮にしてから水を加えて煮る手順にすると、野菜の甘みを引き出せる。
・油はサラダ油、オリーブオイル、バター、ごま油などから好みで。油脂が入ることで水分の上に油膜の蓋ができ、汁物が冷めにくくなるメリットも。
・野菜を選ぶときは、必ずねぎか玉ねぎを使う。栄養価が高く、甘みが加わってスープがおいしくなる。
・洋風ならにんじんやセロリ、和風なら大根やごぼうなど根菜をベースに、他の野菜やきのこ類を加える。
・肉や魚介、豆腐や油揚げ、麩など蛋白質が入ればさらに栄養価アップ。蛋白質を入れたら弱火でコトコト煮込む。仕上げに卵を落としても。
・味付けは塩・こしょうでもいいし、しょうゆベース、味噌ベースでも。シンプルな味付けで十分おいしいのが具だくさんの汁物のいいところ。
・冷めにくくするためのとろみをつける方法は3種類。それぞれ食感が違うので、具材や好みに合わせて選ぶ。
①水溶き片栗粉(片栗粉と水を1:2で混ぜたもの)を仕上げに手早く混ぜ入れる。 
②好みの油脂と小麦粉を1:1で混ぜたもの(フランス料理の「ブールマニエ」=バターと小麦粉を混ぜたものの応用)と半カップ程度の煮汁を混ぜ合わせ、なめらかになったら鍋に戻して混ぜて加熱する。
③じゃがいもや長芋のすりおろしを仕上げに加えて軽く煮る(素材が持つでんぷん質でとろみがつく)。 

いかがでしょうか。今日、冷蔵庫にある材料でもきっと作れますよ。心も体も温まる汁物やスープ、あつあつをたっぷり召し上がって、この冬も元気に過ごせますように。

こちらの記事も参考に! シンプル粕汁で風邪予防

Previous post10月の最新情報 Next post11月の最新情報