上田淳子のしごとのテーマ、3つの柱

「いただきます」、そして「ごちそうさま」。毎日口にするこの言葉とともに大切にしたい、楽しく、おいしく、幸せな時間のために。

WorkFrench

フレンチベースのきちんとおいしい家庭料理

フランス、スイスでの料理修業、厨房勤務経験を活かし、しゃれた欧風料理をおいしく、そして何よりご家庭で作りやすくすることに重点をおき、料理研究家としてレシピ研究をしています。身につけたら一生の宝物になる、とびきりおいしい季節のひと皿。ワイン好きの方々に喜んでいただける、小粋なお料理。どんなときもおいしく食べたいと思う気持ちに寄り添うお手軽なレシピから、忙しいときのお助けレシピ、少し手をかけた、とっておきのごちそう料理まで、そのレシピは多岐にわたります。これらは、料理教室、書籍、雑誌などでご紹介することに加え、2011年より5年間、会員制サイトというスタイルで毎週レシピの掲載を続けていました。レシピが書籍化された現在は、上田淳子のお料理ライブラリーサイト「Delicious Dining Club」に形を変えております。また、フレンチ家庭料理レッスンについては現在、コトラボ阿佐ヶ谷でも定期的に開催しています。

WorkChildren

赤ちゃん、子どもたち、そしてママの幸せを食で支える

双子が生まれた年から仕事として、レシピを作り続けている離乳食。子どもの成長に寄り添って考えた数々の料理。今それらがあるのは、子どもたちと、そして何より子どもの成長の屋台骨である「食」と、ずっと向き合ってきたから。この経験を若いお母さんの今に生かしていただきたく、現在も子育て中の思いに寄り添うレシピをご紹介しています。活動の一環として、数年にわたり「育児の予習ゴハン会」(体と心にまっとうなものを食べながら、出産前後のママたちが思いきりおしゃべりする会。妊娠育児ライター関川香織さんとの共同主催)などのイベントも行ってきました。モットーは「赤ちゃんが子どもから大人へと健康に成長するために、食べることは必要不可欠。だからこそ、ママになるために、ママになってからも健やかに子育てをするために、肩肘張らず、無理なく食を楽しめるようになってほしい」。今後も講演会やワークショップ、料理教室などの機会を作り、多くのママたちにメッセージを送り続けたいと思っています。

WorkEveryday

日々の暮らしとごはんに役立つアイディア

とはいえ、毎日の暮らしを支えるのはおそらく、おしゃれな海外の料理でも特別な食材を使ったごちそうでもなく、普段着のお料理です。さりげない季節の素材を、気候に合った食べ方で。晴れがましくはないけれど、心と体が元気になる日々のごはんを大切に思い、それらをパパッと手際よく作る。これこそが豊かで幸せな暮らしなのだと信じています。おいしさを損ねず、手間をかけすぎず、愛情のこもった料理が作れるなら、それが一番です。365日毎日食べるからこそ「ああ、おいしかった! しあわせ~」と言いたいし、言ってほしい。そんな一声のためのレシピを生み出し、作る人の手助けをするのは、何より大切な私の仕事だと思っています。

Subscribe Now!

上田淳子のニュースレターをお送りします。
メールアドレスをご登録ください