芸能人

大杉正明wiki学歴(高校/大学)や経歴!【ラジオで!カムカムエヴリバディ】

NHK番組、朝8時からの連続テレビ小説「カムカムエブリバディ」が11月から放送開始され話題になっています。その中でドラマと連動しているラジオ番組「ラジオで!カムカムエヴリバディ」の英会話講師を担当している大杉正明先生が気になったので調べてみました。

このドラマの英会話講師のモデルとなった「カムカムおじさん」が愛称の平川唯一(ひらかわただいち)のサイン入り人物写真がこちらです↓

大杉正明先生は、日本の英語学者でラジオやテレビ番組でも幅広く活躍し現在は、NHKが毎日深夜に放送している『ラジオ深夜便』で映画作品や音楽作品に出てくる名言を説明するパーソナリティーを担当するなどおなじみの講師ということで、英語を学習しているみなさんには憧れているという人も多いのではないでしょうか。

そんな大杉正明先生ですが、今回は学歴や経歴、英語学習の秘訣などについても調べましたのでご紹介させていただきます。

大杉 正明のプロフィール

まずは大杉正明先生のプロフィールから見ていきましょう!

名前  :大杉 正明

よみ  :おおすぎ まさあき

生年月日:1947年1月15日

年齢  :74歳

出身地 :静岡県伊東市

元職業:清泉女子大学文学部英語英文学科教授

得意なこと:ダジャレを言うこと・犬と遊ぶこと・テニスのバックハンド・トランペットの口まねをすること。

不得意なこと:整理整頓・テニスのフォアハンド・本物のトランペットを吹くこと。

大杉正明の学歴

次に大杉正明さんの学歴を見て行きましょう!

大学:明治学院大学文学部英文科卒

:同大学院修士課程修了

高校がどこなのか調査させていただきましたが見つけることができませんでした。

明治学院大学の偏差値は?

明治学院大学の偏差値を調べてみました!

偏差値:6069

◆明治学院大学がこちらです↓素敵な校舎です!

明治学院大学住所: 〒108-8636 東京都港区白金台1丁目2−37

大杉正明の経歴

大杉正明さんの経歴を見て行きましょう!

大杉正明さんは大学進学すると「松本亨の英会話番組」や「FEN」をラジオで聴きはじめ英語を習得。(その他、小説や戯曲の読書)

1982年:NHK語学講座番組

1987年-1992年「英語会話」

1998年から1999年:エクセター大学客員教授

1992年-1997年「英会話」

2003年:「いまから出直し英語塾」で講師を務める

:「シニアのためのものしり英語塾→ものしり英語塾→英語ものしり倶楽部」でも講師を務め自身の趣味である駄洒落を交えて講義

2006年~2010年:ポッドキャスティングによる英会話講座「Cross-Cultural Seminar」を担当

2017年3月まで:「オトナの教養講座」「英語に関する四方山話」担当

2017年:名誉教授定年退職

現在:NHKラジオ第1放送「ラジオ深夜便 名画・名曲・名セリフ」のコーナーパーソナリティ担当

:NHK朝の連続テレビ小説「カムカムエブリバディ」と連動のラジオ番組「ラジオで!カムカムエヴリバディ」で講師を担当中

大杉正明さんは清泉女子大学名誉教授のNHK英語教育番組などにて英会話講師を28年間ほど務めてきました!

『ラジオで!カムカムエヴリバディ』

大杉正明さんの『ラジオで!カムカムエヴリバディ』 実際のトークがこちらで試し聞きができます!

大杉正明の著書

大杉正明さんの数々の素晴らしい著書を調べてみました!

1986:『シリーズ英語再入門 2英会話』(大修館書店)


1996:『決定版!NHKラジオ英会話キーフレーズ集』(日本放送出版協会 )
1997:『NHKラジオ英会話一発表現300 このひと言で伝わる!』(日本放送出版協会 )
1999:『イギリス英語はおもしろい』(DHC )

1999:『英語の発音 実践オーラルコミュニケーション』(一橋出版 )


2010:『イギリス英語はおもしろいLIVE! (CD book)』(DHC )
2017:『あじのひものとビーフステーキ 大杉正明の英語でこぼこの道』(DHC )

英語習得の秘訣とは

大杉正明さんは、英語習得の秘訣について「TEOFL 特設インタビュー」では次のようにコメントしていました。

「読む」「書く」「話す」は連携していて、上達させるにはよい英語を取り込み、それを真似することが重要です。よい英語のエッセイや小説などを持ち歩いて、「ああ、こういう英語の表現っていいな」という部分を読み込んで、自分で英文を書く時にその真似をして書いていく。その時に「聞く」も同じようにできればいい。よい英語のリーディング教材には、名文家と言われる人の本を選べばいいですが、リスニング教材は、「この人の英語がいい」という判断が難しい。『大統領のスピーチ集』やBBCのリスニングシリーズなどを試してみてはいかがでしょうか。格調高い良い英語を聴いて、自分が話す時にそのリズムや発音を真似して練習してみてください。
外国語の学習には、観察をして、真似るというプロセスが必ずあります。観察力を磨くためには、まず目の前にいる人の日本語の話をよく聞いてみてください。その人の話し方の特徴が耳に残るくらい観察力を養っていくと、外国語の観察に繋がっていき、真似をするのが上手になります。その真似を発展させて、自分の英語にしていくことが大切なのです。

引用:TEOFL 特設インタビュー

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は、大杉正明wiki学歴(高校/大学)や経歴!【ラジオで!カムカムエヴリバディ】を調査させていただきました。今後も、大杉正明さんのご活躍応援していきたいと思います。最後までご覧いただきありがとうございました。

ABOUT ME
ジュング
初めまして。私のブログをご覧頂きありがとうございます! 楽しめる最新の情報を記事にしていきますのでよろしくお願いします!
error: Content is protected !!