「いただきます」、そして「ごちそうさま」。
毎日、口にするこの言葉とともに大切にしたい
楽しく、おいしく、幸せな時間のために。

上田淳子のしごと、3つの柱

photo: Nobutaka Sawazaki