エンタメ

ダメ人間マエダ(死去)本名と結婚歴、職業歴は?何ガンだったの?

今回は、45歳という若さで死去されたパチスロライターマエダさんについて調べてみました。

2020年2月、44歳の時に末期がんの余命宣告をされ、

2021年5月14日にマエダは母親に看取られて死去。

「自分が死ぬまで撮影してほしい」と語るマエダさんの“終活”を

日曜昼のドキュメント『ザ・ノンフィクション』で放送されていましたが、

実際、どんな人物なのでしょうか?

ダメ人間マエダの本名、職業歴は?

ダメ人間マエダのプロフィールを見ていきましょう!

名前 佐伯健次

生年月日 1976年1月31日年齢45歳(永眠)

身長 171cm

体重 60kg

血液型 B型

出身 東京都新宿区

マエダさんの職業はパチスロライターで、

今までに勝てた最高が約41万円、

最高負け金額は14万円だそうです。

天職だと言えるパチスロライターのマエダさんですが、

今までの職歴が気になりますよね。

パチスロライターになる前の職歴は・・・

トラックの運転手
パチンコ屋
豆腐屋さん
転売業
中古ギター販売所

マエダさんは職を転々としていたようですが

ずっとパチスロライターではなかったようですね。

40代からパチスロライターに転職したようです(^^)

マエダさんはパチスロライターとしてみんなに楽しんでもらいたいと

紙面・動画にも取り組んでいました。

マエダさんは元設定師でもあったようです。

ダメ人間マエダの結婚歴は?

ダメ人間マエダさんは定職にもつかず

職を転々としていたわけですが

45歳まで結婚歴があったのか気になりますよね。

調べたところ、

20歳の時に結婚されていて、

その後にも2回目の結婚をされていて

2バツだそうです。

マエダさんは2回の結婚で嫁との間に

お子さんが3人いるようです。

お子さんとは会うことはないようですが

マエダさんは45歳ですので一回目のお子さんであれば

成人していているくらいの年ですよね。

ダメ人間マエダは何のガンだったの?

マエダさんはずっと癌の闘病をされていましたが

いったい何の癌だったのでしょうか?

調べたところ、

2018年に口腔がんの手術をしてますが

骨をはじめ全身に転移してしまったようです。

その時末期のステージだったようで

2020年2月に「余命3ヶ月から半年」

と医師から言われてしまいます。

その後、マエダさんは「最期まで自分らしくいたい!」

と願い“終活”をスタートさせてます。

「当たり前の日常は当たり前じゃない!それを大切にしてほしい!」

と若者たちに向かってSNSで発信し呼びかけていました。

マエダさんがお亡くなりになったことをTwitterで伝えていました。

ダメ人間マエダの本当の死因とは!

マエダさんは「余命3ヶ月から半年」と

医師から宣言されがんの長い闘病生活をされていましたが

2020年6月に新型コロナウイルスに感染していて

死因はこのコロウイルス感染だそうです。

なんとガンによる病死ではないということだそうで驚きです。

そして、ダメ人間マエダは長い闘病生活が終わり2021年5月に息を引き取りました。

本当にコロナウイルスは沢山の命を奪っていきます・・・

まとめ

いかがだったでしょうか?

パチスロライターのダメ人間マエダは過去に職歴もあり

結婚歴もあり全くのダメ人間ではないようですね。

年老いたお母さんと二人暮らしだったようですが

自分の子供が先立ってしまうということは

どれだけつらいことなのか・・・

ご冥福をお祈りいたします。

最後までご覧いただきありがとうございました。

ABOUT ME
ポコママ
初めまして。私のブログを見て頂きありがとうございます! 楽しめる情報を記事にしていきますのでよろしくお願いします!