歌手

植村花菜が結婚した夫との現在の関係は!本名/学歴(高校)を調査!

2010年にドラマ化にされるほどの大ヒットした曲「トイレの神様」で第52回日本レコード大賞で優秀作品賞、作詩賞を受賞した植村花菜さんの現在が気になり調べてみました!

「トイレの神様」が大ヒットした後、露出することが激減し”一発屋”などと言われ、あれから10年以上も経っていますがその後、植村花菜さんはどうしていたのでしょうか。ご結婚されていていたようですが、お子さんはいるのか、そして現在の旦那(夫)さんとの関係はどうなのか。その他、本名や学歴なども調査してみましたのでご紹介させていただきます!

植村花菜のプロフィール

まずは植村花菜さんのプロフィールから見ていきましょう!

名前:植村花菜
よみ:うえむらかな

本名:清水花菜
よみ:しみずかな

生年月日:1983年1月4日

年齢 :38歳(2021年現在)

出身地:兵庫県

血液型:A型

兄弟 :4人兄弟(末っ子)

愛称 :カナちゃん・カナ吉

植村花菜さんは母子家庭で育ち、母親は忙しく働いている間、実家の隣にある祖母の家で過ごすことが多かったようです。

植村花菜の学歴

◆植村花菜さんの学歴を見て行きましょう!

幼稚園・小学校:雲雀丘学園

高校  :梅花高等学校

専門学校:大阪スクールオブミュージック専門学校

◆幼少期の習い事

・3歳~8歳までクラシックバレエ

・5歳~8歳までピアノ

植村花菜が結婚した夫との現在の関係とは!

植村花菜が改名?

植村花菜さんは、大ヒット後、2016年末からニューヨークに移住して活動していたようです。そんな中、現地の人々は英語圏の発音で“Uemura”が覚えにくいということを感じた植村さんは、2019年から“Ka-Na”とアーティスト名を改名していました。

植村花菜さんの旦那(夫)さんとの出会いは?

植村花菜さんは「トイレの神様」が大ヒットした後にアメリカに渡っていました。2012年に植村さんはギター1本背負って1人旅に行ったときにニューヨークで「Indigo Jam Unit」というバンドに出会い、そのジャズドラマーの清水勇博さんと交際7カ月の長距離恋愛を経て2013年に結婚しました。清水勇博さんの年齢は植村さんと同じ年の方だそうです。

こちらが清水勇博さん↓

・清水勇博(しみずたけひろ)
・1983年3月27日生まれ
・兵庫県出身
・甲南中学入学と同時に学校のビッグバンドのクラブに入りドラムを始める。
・2005年、西山瞳トリオでグランプリ(横浜プロムナードコンペティション)
・洗足学園大学賞を受賞(個人)
・現在は関西を中心様々なバンドで活躍中( indigo jam unit、bring station、木畑晴哉トリオ、西山瞳トリオなど)

植村花菜の現在は?

植村さんは結婚後は男の子を授かり、2016年末に米ニューヨークへ家族3人で引っ越し、それ以降はニューヨークを拠点に米国と日本で音楽活動をしていたようです。

しかし、2019年12月にツアーとビザ更新のために一時帰国したもののコ○ナの影響でニューヨークに戻れなくなり現在は兵庫県の実家に旦那さんと小学校1年生になった息子さんと3人で滞在しているのだとか。息子さんはおじいちゃんおばあちゃんが大好きで一緒に暮らせることが嬉しくて喜んでいるようです。

いつニューヨークに帰れるのか予想もつかず日本で家を借りることもできずご両親のお世話になっているようです。

夫との現在の関係とは!

性格が真逆の夫

植村さんは旦那さんはどんな人?の質問に次のようにコメントしていました。

植村さんと旦那さんの性格が真逆ということで相性がいいのでしょうね。今も仲良しで幸せのようです♡

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は、植村花菜が結婚した夫との現在の関係は!本名/学歴(高校)を調査してみましたが、本名は清水花菜さんで学歴(高校)は梅花高等学校、旦那さんとの関係は今も仲良しで幸せでした。最後までご覧いただきありがとうございました。

ABOUT ME
ジュング
初めまして。私のブログをご覧頂きありがとうございます! 楽しめる最新の情報を記事にしていきますのでよろしくお願いします!